サイトタイトル

 

 

 

国保ってそもそも何?

国民健康保険は、生活を守るための保険であり、
病気や怪我で病院にかかった時には、自己負担額が軽減されます。

また出産や育児に対して一時金を受けることができます。

一般的な自己負担額は3割で、70歳以上の高齢者は1割、3歳未満は2割です。
加入者は保険料をそれぞれの市町村に納めます。

会社員や公務員などは、職場単位で編成されている被用者保険に加入します。

国保は、無職の人でも保険に加入することができるという保険なのですが、
届出しなければ加入ができないので、
国民皆保険とは言っても、実際には保険に加入していないという人も多くいます。

また保険料が高いことも問題となっていて、滞納者の増加問題もあります。

今後、無職の高齢者が増加していく中で、
それとともに国保もどう変っていくのかが注目されます。

 



Menu

● TOP
● 国保は入ったほうがいいのか?
● 国保に加入してない間分も払う必要あるの?
● 引越ししたら加入前の期間分も払わなくていいの?
● 国民健康保険と社会保険の違いは?

-更新情報-

● -2015.09.01- 国民健康保険と社会保険の違いは?
● -2015.09.01- 引越ししたら加入前の期間分も払わなくていいの?
● -2015.09.01- 国保に加入してない間分も払う必要あるの?
● -2015.09.01- 国保は入ったほうがいいのか?

----------------------------------------------------------

Copyright(C)2014-国保ってホンマに入ったほうがええの?  All rights